ドキュメント

対世界セーフガード措置の発動

商工省

---------

番号:920/QĐ-BCT

ベトナム社会主義共和国

独立 - 自由 - 幸福

-----------------------

ハノイ、2016年3月10日

 

 

税関総局

到着。番号:…………

   2016年03月14日

転送:………………..

 

 

 

 

決定

対世界セーフガード措置の発動

-----------------------------

商工大臣

 

ベトナムへの外国貨物の輸入におけるセーフガード措置上の2002年5月25日付国会常任委員会の法令第42/ 2002/PL-UBTVQH10号に基づき、

ベトナムへの外国貨物の輸入におけるセーフガード措置に関する条例の実施を詳述する2003年12月8日付政府の政令第150/2003/ND-CPに基づき。

商工省の機能、タスク、権限と組織構造を規制する2012年11月12日付政府のの政令第95/2012/ND-CP号に基づき、

と競争管理局の組織構造、機能、任務、権限を規制する2013年2月5日付商工省大臣の決定第848/ QD-BCT号に基づき、

競争管理局の局長の提案を検討した上;

 

決定:

 

1。  異なる国/地域からベトナムに輸入するMonosodium glutamate製品(グルタミン酸ナトリウム)の正式なセーフガード措置を発動し、その内容がこの決定に添付する通知に詳しく表示される。

2。対世界セーフガード措置を発動手順は、外国貨物がベトナムへの輸入におけるセーフガードに関する規則の法律を遵守しなければならない。

3条。この決定は、署名の日から15日後に有効になります。

4。競争管理局の局長と各部門の長官、関係者はこの決定の実施に責任を有ります。

 

 

宛先:

- 第4条のようです。

- 政府のオフィス。

- 財政省、外務省、情報通信省;

- 税関総局;

- SCT(財務省)。

- 大臣。

- 副大臣。

- 部門/部署:CNNg、インポートエクスポート、DB、PC、TC;

- 保存:VT、QLCT(04)。

 

大臣

 

(署名、捺印した)

 

Vu Huy Hoang

 

 

財務省

税関総局

番号:50/SY-VP

宛先:

― 各省、都市の税関局

― 保存:書類管理部

正謄本

ハノイ、2016年3月16日

局長の代理

事務所の長官

副長官

 

(署名、捺印した)

 

Nguyen Duy Thuan

 

 

 

 

   商工省

-------

 

ベトナム社会主義共和国

独立自由幸福

--------

 

通知

正式なセーフガード措置の発動について

(2016310日付商工省大臣の決定第920/QĐ-BCT 号と添付した物)

__________________

 

 

ベトナムへの外国貨物の輸入におけるセーフガード措置上の2002年5月25日付国会常任委員会令第政令第42/2002/PL-UBTVQH10号とベトナムへの外国貨物の輸入におけるセーフガード措置に関する条例の実施を詳述する2003年12月8日付政府の政令第150/2003/ ND-CP号の規定に基づいて、商工省はベトナムへ輸入する象品目(HSコード別)2922.4220あるグルタミン酸ナトリウム(英文名:Monosodium glutamate – MSG)の製品に対する対世界セーフガード措置を発動する詳細な内容を通知する。詳細は:

1. 基本情報

商工省は2015年9月01日に、異なる国/地域からベトナムに輸入するグルタミン酸ナトリウムMSGに対するセーフガード措置を調査・発動についての決定第9269/QD-BCT号を発行した。

2. 正式なセーフガード措置の対象となる輸入品

正式なセーフガード措置の対象と輸入品は(HSコード別)2922.4220のあるベトナムへの輸入するグルタミン酸ナトリウム(英文名:Monosodium glutamate – MSG)の製品である。

3. 対世界セーフガード関税率

上記の商品に対する正式なセーフガード関税率は、次のようにベトナムへの輸入品に発動される追加の輸入関税の形です。

有効期間

セーフガード関税率

25/3/2016 - 24/3/2017

4,390,999 VND/トン

25/3/2017 - 24/3/2018

3,951,899 VND/トン

25/3/2018 - 24/3/2019

3,556,710 VND/トン

25/3/2019 - 24/3/2020

3,201,039 VND/トン

25/3/2020 以降

0 VND/トン

(セーフガード措置の運用を延長しない場合)

4. 正式なセーフガード措置の発動を免除される国/地域

ベトナムへの外国貨物の輸入におけるセーフガードに関する条例の規定の実施を詳細く定める2003年12月8日付政令150/ 2003/ND-CP号の第13条の規定に基づいて、全ての国/地域からベトナムへの輸入総額の3%未満にベトナムへの輸出している途上国又は後進国を除いて、正式なセーフガード措置はすべての国/地域から輸入品に対してに規定されています。正式案セーフガード措置の発動を免除されている国/地域のリストはこの通知の付属書1に記載されている。

 

グルタミン酸ナトリウム(英文名:Monosodium glutamate – MSG)の商品をインポートする組織/個人は、上記の正式なセーフガード措置を免除されるために輸入時に下記通りの原産地証明書を税関当局を提供する必要があります。

- この通知の付属書1に記載されている国/地域からの輸入品を示している原産地証明書(原産地証明書)。

- この通知の付属書1に記載されている国/地域に所在する製品メーカーによって発行された商品の品質の証明書(ミル・テスト証明書)。

 

5. 正式なセーフガード措置の有効期間

正式なセーフガード措置は商工省がその正式なセーフガード措置を発動する決定を発行した15日後に有効になります。

 

6.対世界セーフガード措置を発動する実施期間

正式なセーフガード実施期間は正式なセーフガード措置を適用する決定が正式に発効される日から4年間以内(もし延長されない)に適用されます。

 

7.正式なセーフガード措置を発動する根拠

関係者達から提供した情報及び上記の分析によって、調査局は次のように評価しました:

- ベトナムに輸入されたグルタミン酸ナトリウム(英文名:Monosodium glutamate – MSG)の商品のボリュームは調査段階中に絶対及び相対位相に急激に増加しました。

- 国内製造業は調査中に市場シェア、国内販売量、生産量、売上高、利益、雇用などの減少したり、在庫が上がったりした深刻な被害を受けています。

- 輸入の増加は国内産業に重大な損傷の主な原因です。

- 2014年に中国の経済成長の不況、又は米国と中国からのMSG製品の反ダンピング輸入を課した「不測の状況」とみなされ、ベトナム市場への輸入の急激な増加の原因を説明しました。

調査局(競争管理部門 - 商工省)の公式報告(概要)はこの通知の付録2に示されています。

 

8. 次の手続き

正式なセーフガード措置を有効にした後、ベトナム税関総局は、調査をされてから商品に対して、この通知書の附属書1にある除外リストの下の国/地域を除くすべての国/地域で上記第3節に定めたスケジュールに従って税率で追加の輸入税収を適用するために進みます。

 

9. 連絡先

グルタミン酸ナトリウム(英文名:Monosodium glutamate – MSG)の商品に対する正式なセーフガード措置を発動する決定に関する情報は、商工省のウエブサイト(http://www.moit.gov.vn)および競争管理局のウェブサイト(http://www.vca.gov.vn または http://www.qlct.gov.vn)にアクセスすることができます。

 すべての連絡情報やコメントは次の住所へ送信してください。

国内企業の貿易防衛の控訴の調査部門 - 競争管理局、- 商工省

住所:25号 NgoQuyen通り、ホアンキエム区、ハノイ、ベトナム

電話:(844)222.05002(内線:1038)(Truong Hungさん)

ファックス:(844)222.05003

メール:hungnht@moit.gov.vn。または ninhtt@moit.gov.vn。 

 

 

 

 

 

 

付録1

(正式なセーフガード措置の発動の通知に添付した

2016310日付の商工大臣の決定920/QD-BCT号に添付した)

_______________________

 

1.サブサハラ- アフリカ

Angola

Madagascar

Nigeria

Benin

Malawi

Rwanda

Botswana

Mali

Sao Tome and Principe

Burkina Faso

Mauritania

Senegal

Burundi

Mauritius

Sierra Leone

Cabo Verde

Mozambique

Somalia

Cameroon

Namibia

South Africa

Central African Republic

Niger

South Sudan

Chad

Gabon

Sudan

Comoros

Gambia, The

Swaziland

Congo, Dem. Rep.

Ghana

Tanzania

Congo, Rep.

Guinea

Togo

Cote d’Ivoire

Guinea-Bissau

Uganda

Eritrea

Kenya

Zambia

Ethiopia

Lesotho

Zimbabwe

 

Liberia

 

 


2. アジア - 太平洋

American Samoa

Myanmar

Cambodia

Palau

Fiji

Papua New Guinea

Kiribati

Philippines

Korea, Dem. Rep.

Samoa

Lao PDR

Solomon Islands

Malaysia

Timor-Leste

Marshall Islands

Tonga

Micronesia, Fed. Sts.

Tuvalu

Mongolia

Vanuatu

 

3. ヨーロッパと中央アジア

Albania

Macedonia, FYR

Armenia

Moldova

Azerbaijan

Montenegro

Belarus

Romania

Bosnia and Herzegovina

Serbia

Bulgaria

Tajikistan

Georgia

Turkey

Kazakhstan

Turkmenistan

Kosovo

Ukraine

Kyrgyz Republic

Uzbekistan

4. ラテンアメリカ・カリブ海

Belize

Guyana

Bolivia

Haiti

Brazil

Honduras

Colombia

Jamaica

Costa Rica

Mexico

Cuba

Nicaragua

Dominica

Panama

Dominican Republic

Paraguay

Ecuador

Peru

El Salvador

St. Lucia

Grenada

St. Vincent and the Grenadines

Guatemala

Suriname

 

5. 中東・北アフリカ

Algeria

Libya

Djibouti

Morocco

Egypt, Arab Rep.

Syrian Arab Republic

Iran, Islamic Rep.

Tunisia

Iraq

West Bank and Gaza

Jordan

Yemen, Rep.

Lebanon

 

 

6. 南アジア

Afghanistan

Maldives

Bangladesh

Nepal

Bhutan

Pakistan

India

Sri Lanka

 

付録2

(正式なセーフガード措置の発動の通知に添付した

2016310日付の商工大臣の決定920/QD-BCT号に添付した)

 

最終報告書

(公開的な概要)

 

1. 事件の概要

2015年6月09日、競争管理局(以下、調査機関と呼ぶ) - 商工省は4社の国内鋼鉄製造企業であるVedan ベトナム有限責任会社(以下、請求者だと呼ぶ)、からHSコード:2922.42.20であるベトナムへ輸入するグルタミン酸ナトリウム(英文名:Monosodium glutamate – MSG)製品(以下、調査の商品と称す)に対するセーフガード措置を発動する請求書(以下、資料と呼ばれる)を受取りました。

2015年06月22日、調査当局はVedan会社に請求書に追加の情報を提供する要求の書面第470 / QLCT-P2号を発行しました。

2015年7月20日は、Vedan会社は、要求に応じて追加の情報を提供しました。

2015年7月31日は、調査機関は有効な関係書類を確認した上で政令第596/QLCT-P2号を発行しました。

2015年9月1日、商工大臣は、調査の商品に対するセーフガード措置を発動する調査に関する決定第9269/QD-BCT号をサインした。

2015年09月08日、調査機関は関係者達へ調査アンケートを送りました。調査アンケートの回答期間は、調査アンケートを送達した日付から30日であり、すなわち2015年10月08日17h00です。

2015年10月19日から23日まで、関係者達から提供した調査アンケートの回答の情報を検討・研究した上で、調査機関は同様の製品と国内直接競争商品(以下、国内メーカーと呼ぶ)を製造する会社に於ける現場調査を行ないました。

2015年12月21日から23日まで、調査当局は調査機関のアンケートを回答した輸入業者を審査行った。

2016年1日19日、調査機関は、ベトナムでのMSG製品の輸入に対するセーフガード措置を適用するために、公開審査協議セッションを開催しました。

2. 調査対象である輸入品に対する絶対と相対的な増加についての正式な結論

税関総局から集めたデータや報告書の具体的な分析に基づいて、調査機関は調査の期間中にベトナム調査対象品の総輸入量と値の絶対値の増加があったことを確定しました。

 

図表1:2011年から2014年までの調査の期間中の輸入品の量

単位:トン

ソース:税関総局

国の総消費量に比べて輸入品の相対的な増加を考慮しても、巨大な増加を見ることがあり、速度も前年に比べて増加しています。したがって、調査機関は、期間の調査中に国内消費に比べ、輸入品の相対的な増加があったと結論付けました。

 

表1:国内産業の国内販売に比べて輸入品の相対的な増加

 

単位

2011

2012

2013

2014

輸入量

トン

8.974,69

18.143,27

43.935,01

58.446,35

増加/減少(1)

%

-

102,2%

142,2%

33,0%

国内総消費量(指数100)

トン

100

100.49

111.42

108.62

増加/減少(2)

%

-

0,49%

10,89%

-2,52%

相対成長輸入の割合(3)=(1) - (2)

%

-

101,71%

131,31%

35,52%

ソース:税関総局と国内メーカーのアンケートの回答の纏め

3. 輸入品の価格の影響に対する結論

輸入品の価格の影響を分析するために、調査当局は税関総局によって提供されたデータと輸出業者、国内メーカーからの調査アンケートの回答に基づいて、ベトナム市場に輸入品の販売価格と国内生産製品の販売価格を計算しました。受取ったデータに基づいて、分析の結果は以下を示しています。

- 価格圧力のインパクト:国内販売価格は輸入品の圧力で2011年から若干変更されて、約2〜3%減りました。しかし、2014年に、輸入品の流入ので、販売価格が突然8.7%をドロップして、輸入品は市場で安い値段で売られていましたから。

 

図2:2011から2014年の期間における国産品と輸入品の価格の比較

輸入品の販売価格          国内生産製品の販売価格

 

ソース:税関総局、国内メーカーや輸入業者のからのアンケートの回答の纏め。

 

- 価格の影響:2012年、2013年、国内販売価格と生産のコストはまだ適切なレベルである時には販売価格と生産のコストの比率はが一貫したまま、生産コストが増加しているものの、まだ利益が儲けられました。しかし、2014年に、生産コストは1.5%上昇したが国内価格は8.7%に低下した。これが市場のルールに反しているため、生産コストが増加したら、販売価格はそれに応じて増やす必要があります。 2014年には、生産コストはほぼ ***** VND/トンよりもさらに高くなっています。このため、捜査機関は、国内産業が輸入品と競争するためにこの価格で維持され続ける場合は、重大な危害で脅かされる危機を立っていることを指摘しました。

 

 

図3:2011年から2014年の期間中に国内で販売した商品の生産コストとコストの比較

国内販売価格       -生産コスト

ソース:国内生産メーカーからの応答の概要

 

4. 不測の状況についての正式的な結論

- 中国では期待されていない経済成長の低下は、中国の国内の消費者需要の下落なので、中国の販売経営活動へ影響しました。

- 中国のグルタミン酸ナトリウム(英文名:Monosodium glutamate)MSG製品は米国に52.27%の反ダンピング関税で課税されたので、中国の輸出の活動に影響を与えて、中国の最大の市場の一つへ輸出できないので、中国国内在庫の量が増えた、

5. 国内製造業界の被害についての正式的な結論

ベトナム国内の製造業の被害の程度を評価するために、調査機関は、国内製造業の被害の程度を決定する各基準を評価しました。

- 国の製造業の売上高は、2011年から2014年までの期間で大幅に減少しました。

- 2011年から2013年までの期間で-、市場全体の消費量が増加しています。ベトナムへの輸入が増加し続けながら、しかし2014年には、市場全体の消費量は減少しました。

- 利益指数、2011年―2014年の期間において、国内生産業界は利益がありました。しかし、利益指数は下落し続け、さらに、2014年に急速に利益率の減少となりました。、又は国内産業業界の収益性の指標については、国内ますます減って、2014年にのみ*****%、最も低く減少しました。

- 国内で製造業のシェアは2011年―2014年の期間に連続減少して、2014年に最下位に落ちた*****%を占めた。一方、調査対象輸入品のシェアは連続的に増加して、2011年に輸入品のシェアは*****%を占めたが、2014年に輸入の市場シェアも****%を占めた、

- 国内の生産量が2011年―2014年の期間に変化しませんでした。しかし、2014年は、国内製造業の生産量と使用稼働率は、多くの変動があって、2014年にその最低レベルに落ちました。

- 国内の製造業の投資効率は2011年- 2014年の期間に減少し続け、2014年には、最低投資効率でした。

- 国内の製造業の負債/自己資本の比率は、2011年-2014年の期間にわたって増加 して、国内産業は資本や投資の拡大を上げる能力について困難であろうことを示しています。

- 国内生産部門の類似した商品の在庫は2011年-2014年の期間にわたってわずか増加 して、 2014年に多く増加しました。

- 従業員の数は2012年に増加し、2012年-2014年の間から減少し始めました。労働者の平均賃金は、2011年から2014年にわたって着実に増加していました。

- 製造業の労働生産性は2013年に国の最高に上昇し、2014年に大幅に減少し始め、また、労働生産性は2011年から2014年までの期間で最も低かったです。

全体として、業務部門の国内生産は、2011年―2012年の期間に変動が少なくて、比較的安定していました。しかし、2013年から開始し、特に2014年に、国内製造業の被害評価指数は、かなり明確減少していましたので、これが国内産業に重大な被害に直面していることを示した。

6. 原因結果の関係についての正式的な結論

調査期間はまた他の要因を検討して、国内の製造業に影響を与える可能性国内製造業と輸入の急増と物理的な被害や破損や脅威との因果関係を分析した。具体的に次のようです:

- 市場シェア:ベトナム市場における国内製造業の市場シェアは、2012年、2013年と2014年にそれぞれ*****%、*****%、****%として、減少し続けた。国内の製造業のシェアの低下はそれぞれベトナム市場に輸入品の市場シェアが対応して(*****%, *****% と*****%)で増加した

- 生産・販売:2014年、国内産業の生産量は9.58%の減少となって、国内需要はわずかに(2.52%)減少したが、2014年の在庫は再び増加した(在庫は58,1% で、2011年の在庫の13倍増加した)。加えて、国内製造業の国内販売も21.56%、利益も21.95%減少しました。

- 輸出: 国内のMSG生産業界の輸出量は、成長を有することが判明しました。特に、2014年には、輸出量は2013年に比べて39.9%増加しました。

- 市場の需要と国内市場の需要:2014年に国内需要は、2.52%減少して、一方で国内製造業の国内販売量は21.6%で急落した同時に、輸入品の数量は33%まで強い増加した。これは、国内需要のわずかな減少は、国内製造業の損失の原因ではないことを示しています。

- 技術の変化: 2011年から現在までの期間では、国内の製造業は、製品の品質を高めて、エネルギーを節約して、生産コストを削減するために継続的に生産プロセス、システムを改善して行きました。したがって、製品の品質を高め、コストを削減するために、科学技術の発展は、国内製造業の損失の原因ではありません。国内メーカーのMSGの製品は輸入製品に品質と同等と評価されます。

国内の製造業に影響を与えることができる他の要因を考慮した後、他の要因は、今日の業界の困難な状況に非常に小さな影響を与えると結論ので、そこに国内産業への被害と輸入の急増との間の因果の関係が存在しました。    

対世界セーフガード措置の発動
Số hiệu 920/QĐ-BCT Ngày văn bản 10/03/2016
Loại văn bản Quyết định Ngày hiệu lực
Cơ quan ban hành Bộ Công Thương Ngày hết hiệu lực
対世界セーフガード措置の発動
対世界セーフガード措置の発動