商工省の管理範囲に於けるエネルギー利用の設備および機器のエネルギーラベリングに関する規定

 

 
 

商工省

 

番号: 36/2016/TT-BCT

ベトナム社会主義共和国
独立自由 - 幸福

ハノイ、2016年12月28日

 

通達

商工省の管理範囲に於けるエネルギー利用の設備および機器のエネルギーラベリングに関する規定

 

商工省の機能、タスク、権限と組織構造を規制する20121112日付政府のの政令第95/2012/ND-CPに基づき、

2010 年 6 月 28 省エネ法に基づき

2011329のエネ省と効率の利用に関する法律を実施するための細則や対策を定める政令第21/2011/ND-CPに基づき

2006629付の規格と技術規則に関する法律に基づき、

20071121付けの製品の品質に関する法律に基づき

適合性評価のサービスのビジネス状況に関する政府の規制の201671の政令第107/2016/ND-CPに基づき、

エネルギー総局の局長の要請に基づき;

商工大臣は、次のように商工省の下で車両、機器およびエネルギー管理のための省エネルギー認証ラベリングに関する通達を発行しました。

 

I

一般規定

1適用範囲

1. この通達は、首相が発行した商工省の管轄下のエネルギーラベリングの必要な車両および機器のリスト、又は自主的なの形でエネルギーラベリングする車両および機器(以下、車両、機器という)に対するエネルギーラベリングの登録のための順序と手順、エネルギーラベリングを実施しを規定した。

2. この通達は、次のエネルギーを使用している車両及び機器の適用しない。

a)一時的に輸入して、再輸出する商品、資機材。輸送中または積み替えの商品。

b)国内企業が輸出用のための製造、加工する製品(国内に販売しない)。

c)国防安全、国家機密、核放射線の安全性の分野における製品。

d)非商用の輸入品:個人的な荷物、外交の商品、展示会出展用商品、; ギフトと寄付。法律に従って、運営せずに、科学研究会議、セミナー、スポーツ競技、文化公演、芸術公演の投資プロジェクト、工事に使用したり、置き換えるために単回使用の目的を輸入した製品、材料やスペアパーツ、コンポーネント、又は他の商。

2。応用対象

この通達は以下に適用されます。

1. エネルギーラベリングする車両、および機器のメーカー、輸入業者(以下、企業という)。

2. 手段や機器にエネルギーラベリングをテストする試験に関与する組織。

3. エネルギーラベリングの活動管理機関と関する団体、個人。

3(定義)

本通達では、以下の用語が次のように解釈されています。

1. エネルギーラベリングは、製品のパッケージにエネルギーラベルを刻印、または製品の上に電子エネルギーラベルを表示すること。

2. 比較的なラベルは、消費者が得るために市場での同様の製品を比較するために役立つエネルギー消費、エネルギー利用、エネルギー効率やその他の情報で、同じな種類の製品と比べて、認識して、省エネ向けの機器や装置を選びます。

3. 認証ラベルは、同種類の設備、装置と比較して最も高いエネルギー効率ある設備および装置を認証したラベルです。

4. ILACは国際検査認証機関(国際試験所認定協力機構)である協会です。

5. APLAC協会はパシフィック(アジア太平洋試験所認定協力)、アジアでの試験機関が認識されています。

6. VILASは、ベトナム実験室(ベトナム試験所認定制度)を認証するシステムです。

7. ISOは国際標準化機構(International Organization for Standardization)です。

8. IECは、国際電気標準委員会 (International Electrotechnical Commission)です。

9. TCVNはベトナム標準です。

II

エネルギーエネルギーラベリングテスト

4エネルギー効率のテスト

1. エネルギーラベリングのテストは:国内認定機関(団体やメーカーの独立した試験所、外国認定機関(団体やメーカーの独立した試験所)を含めます。

2. エネルギー標識実験の2機関は、以下の条件を満たしている必要があります。

a)国内認定機関の組織は、適合性のアセスメントサービスのビジネス条件に関する政府の2016年7月01日付の政令第第107/2016/ND-CP号の第二章の規定を満たしてテストしています;

b)外国認定機関は、ISO/IEC 17025基準(または同等の下で認定された外国認定機関)に認証されて、相互承認協定(ILACまたはAPLAC)に署名した認証期間に認証された期間です。

3. 設備、装置のエネルギー効率をテスト、評価の根拠はそれぞれ、ベトナム基準TCVNや商工省の規制です。

4. 典型的なテストパターン:企業はそれぞれの基準、または商工省が定めた基準に従って設備、装置、数量、サンプリング方法でサンプルをを採取する試験機関に送ってスタンプ試験及び試験結果を受けます。

5. 試験結果は、同じなモデル、仕様、起源、メーカーの設備と製品のエネルギーラベリングのための基礎です。管轄機関はテストの結果が違反したり、組織が違反や間違えが有ったことを検出された場合を除いて、テスト結果は無期限に有効です。

5条登録エネルギーラベリング

1.市場に設備、機材を販売前に、その設備や装置を輸入したい製造企業は01セットの登録書類のエネルギーラベリングを作成して、商工省に送付されなければならない。

2.エネルギーラベリングなどの登録書類:

a)付録1に定めた書式のような認証ラベル又は比較的なラベル登録する企業をはっきり表示して、エネルギーを使うる設備、装置にエネルギーラベリングを公開した認証証明書。

b)製品モデルの認定機関による試験結果;

c)外国認定機関が資格を持っている証明書(外国認定機関によって行われるエネルギーテスト・認定の場合)。

d)予想されるエネルギーラベルテンプレート。

3. エネルギーラベル登録する企業は商工省の電子情報ページにインターネット経由で送信または商工省に直接または郵送で資料を送る方法を選択できます。この第2項の資料および文書は、外国語なら、ベトナムを翻訳されて、認証されなければなりません。

6条エネルギーラベリング

1. 商工省へエネルギーラベリングの登録書類を提出した後、企業は、既に登録されている製品の発表されたエネルギーラベリング証明書の情報に従って、自己にエネルギーラベリングを行います。企業は、エネルギーラベルに表示された情報とエネルギーラベリングと情報に掲載された情報の正確さや真実性に責任を取る必要があります。

2. エネルギーラベルが均一商工省、形や本通達の付属書2に定めるエネルギーラベルの仕様で規定使用されています。

3.エネルギーラベルは次のような基本的な情報が含まれている必要があります:

a) フルまたは略したメーカー/輸入業者のの名前;

b)設備や機器のコード;

c)エネルギー消費量に関する情報;

d)基準や適用規則。

4. 企業は、電子エネルギーラベルの使用に適した機器やエネルギーのラベル付けを実装するために他のエネルギーラベルを使用する設備に電子エネルギーラベル付けのオプションがあります。

5. エネルギーラベルは設備や機器に合わせて、増加と減少の割合でラベルのサイズを変更できますが、法律の規定に応じて商品の上のラベル上の情報に影響を与えることができない。

 

7エネルギーラベリングの登録

1. 企業は次のいずれかの場合にはエネルギーラベリングを再登録する必要があります。

a)変化を評価するための基準。

b)登録した設備および装置は、エネルギー消費量のエネルギーラベルの変更がある。

2. エネルギーラベリングの再登録の内容及び手続きは本通達の第5条の規定によってが行われる。

 

第三章

エネルギーラベルの検査、監視、撤退

8エネルギーラベリングの実施検査監視

1. 商工省及び関係機関は定期的または不定期に、企業のエネルギーラベリングの検査を実施する。

2. 毎年01月15日前に、エネルギーラベリングを実施する企業は年間中にエネルギーラベリングした生産や消費の設備や装置の数とカテゴリを付録3の書式に応じて商工省と商工所へ報告をしなければならない。

3. 毎年01月15日前に、認定機関は、附属4の書式に応じて、エネルギーラベリングにテストされた設備や装置の数と種類を商工省と商工所へ報告をしなければならない。

9クレームやクレームの解決

1. 組織や個人は商工省へクレームに関する法律に従って、エネルギーラベリングにクレームを提出することができます。

2. クレームがあったエネルギーラベリングの設備、装置のサンプルは独立した認定機関によってチェック・保存される。

3. 市場でテストされた設備や装置のサンプルは不合格なら、商工省は企業の現場に検査することを検討する

4. 団体や個人、企業は正しくないクレームの場合に、試験の全費用を負担する。

5. 設備や装置は法律の規定が不合格する場合には、エネルギーラベリングする設備、装置を持つ団体、個人や企業は、法律の規定によってテストの全費用、エラー処理関係費用、処罰やほかの処罰に関する費用を負担しなければならない。

 

10条エネルギーラベルの撤退

1. 商工省は、以下の場合にエネルギーラベルを撤退することを決める。

a)登録書類エネルギーラベルサンプルはエネルギーラベリング登録申請書の書式と比べて、誤報があった時。

b)設備・装置のエネルギー消費は、エネルギーラベリング公表書におけるエネルギー消費量よりも高い時。

2. エネルギーラベルの撤退の決定は、違反した企業、ベトナム消費者保護協会に同時に送信され、商工省のウェブサイトに掲載される。

 

第四章

実装

11条。商工省の責任

1. エネルギーラベリングに関する年次計画を策定し、エネルギー効率基準、評価、認定、検査認定機関の承認などの計画を作成する。

2. エネルギーラベリングの検査、試験を実施して、各商工所にエネルギーラベリングのリストに定めた設備、装置を生産、輸入、流通する企業に対する検査、監視を実施して指示する。

3. 科学技術省と協力して、エネルギー効率、エネルギー効率確定方法に関する国家規格を作成したり、発行したり修正する。

4. エネルギーラベリング登録申請書を受けて、商工省の電子情報ホームページにエネルギーラベリングの設備や装置のリスト、エネルギー効率の結果を含めるエネルギーラベリングに関する方法を開示する。

5. エネルギーの登録とラベリングに関するクレームや紛争を解決するために当局と協力する。根拠が正しいクレームの場合は、解決法を出して、根拠が正しくないクレームの場合はその当事者に通知する。

6. 商工省のホームページに設備・装置のエネルギーラベリングの登録手続き、詳細な書式を詳しく開示する。

7. 企業に市場販売中に規定の厳守なしでエネルギーラベリング付けた設備や装置を回収して指示する。

 

12条。商工の責任

1. ローカルに於けるエネルギーラベリングのリストに定めた設備、装置を生産、輸入、流通する企業に対する検査、監視を実施する。

2. 企業が年間中にエネルギーラベリングした生産や消費の設備や装置の数とカテゴリを付録3の書式に応じて報告を受取って、商工省に年次03月15日前に送付する。

3. ローカルに本社住所を持っている企業のエネルギーラベリングの違反に関する処理方案を提出して、違反の処理を検査して、商工省へ報告します。

4. 商工省の委任下にその他の管理、監視業務を実施する。

13条。企業の責任

1. 毎年01月15日前に、経営製造したエネルギーラベリングにテストされた設備や装置の数と種類を商工省又は本社住所を持っている地方の商工所へ報告をしなければならない。

2. 設備及び装置のエネルギー消費指標の減増への影響、技術規範の変化を速やかに商工省へ、報告したり、設計や技術の変更によるエネルギー消費量に影響される時には、この通達の第7条の規定によって、エネルギーラベリングを再登録する。

3. エネルギーラベリングを登録した設備や装置は生産中、輸入、市場販売中、又は使用中にエネルギー消費量又は相当的な評価基準と不合格な表現を検出したり時には、積極的に商工省と地方管轄機関へ報告して、同時に対応方法を実施する。

4. 設備や機器が登録されたエネルギー消費量に到達するために、定期的に確実方法を実施し、維持する。

5. エネルギーラベリングした設備や装置は市場流通中に規定の規制を厳守しない場合には撤回される。

14条。実施有効性

1. この通達は2017年2月10日から有効になり、エネルギーを使用する設備や機器のエネルギーラベリングを定めた2012年4月4日付の商工省の通達第07/2012/ TT-BCT号を置き換える。(以下には通達第07号と称する)。

2. 商工省に通達第07号の規定によって指定された試験機関は、試験室を指定する決定の有効性の満了時まで活動を続けて実現される。

3. 商工省が通達番号07の規定に基づく認定されているエネルギーラベリング設備や装置を生産、輸入する企業に対して、エネルギーラベリング決定の有効期限まで設備装置にエネルギーラベリングを続けらる。

4. 通達第04/2016/ TT-BCT号の第8条を無効して、電子や化学の貿易、アルコール生産経営、フランチャイズ、商品取引施設を通して商品の売買活動、エネルギー、食品安全、電気の分野に於ける行政手続の商工省の通達の一部を改正し、補完する。

5. 実装の過程で何か新しい質問や問題は生じたら、タイムリーな解決のために、法人や個人は商工省に通知しなければならない。

 

  受取者:

- 首相;

-          - 副首相;

-          - 最高人民法院;

-          - 最高人民検察院;

-          - 省庁、閣僚レベルの機関、政府機関;

-          - 直接中央政府の下で省や都市の人民委員会;

-          - 法的な資料文書検査局 - 法務省;

-          - 直接中央政府の下で市や省レベルの商工所;

-          - 官報、政府のウェブサイト;

-          - 商工省のウェブサイト;エネルギー総局のウェブサイト;

-          - 保存:VT、PC、IST

 

大臣

 

(署名、捺印した)

 

Tran Tuan Anh

 

 

 

商工省の管理範囲に於けるエネルギー利用の設備および機器のエネルギーラベリングに関する規定
Số hiệu 36/2016/TT-BCT Ngày văn bản 28/12/2016
Loại văn bản Thông tư Ngày hiệu lực
Cơ quan ban hành Bộ Công Thương Ngày hết hiệu lực
商工省の管理範囲に於けるエネルギー利用の設備および機器のエネルギーラベリングに関する規定
商工省の管理範囲に於けるエネルギー利用の設備および機器のエネルギーラベリングに関する規定